« ならまちの前衛的鯛焼き屋/正倉院展下見 2009年10月25日(日)曇 ちょっと冷える感じ | トップページ | 東大寺二月堂竹送り(お水取りのお松明に使う竹の奉納)2010年2月16日(火)曇のち雨 霰も降った 寒い! »

奈良でかろうじて見えた日没前の部分日食 2010年1月15日(金) 寒いが昨日よりはまし

15日の夕方、西日本で日没前に日食が。
国立天文台「日食各地予報」

奈良はけっこう雲が出ていたのですが、ちょうど低いところが切れていた。写真は16時44分のようす。

去年の7月22日に小笠原沖の皆既日食観察で使ったままスーツケースに入れっぱなしだった日食グラスを出してきて、観察準備OK。
予報では、奈良では16時47分が欠け始めということで、数分経ってから見てみたら、思ったより欠けている!

試しに、手持ちの安いデジカメ(フジA100)で撮ってみました。

16時57分と、16時58分(日食グラスを通して撮った)。
欠けているのは右下のところ。肉眼だと、もっとはっきり欠けてました。

山にかかる前に、遠くの雲に入ってしまい、欠けている部分が見えなくなったので観察終了。

いやー、見えた、見えた。
こんなちょびっとの日食でも、見るだけでこんなにうれしいのはなぜですか。
  *
日食のメカニズムと今後の予定については、各界絶賛の科学絵本『黒い太陽のおはなし 日食の科学と神話』(寮美千子・佐竹美保、小学館2009)をご参照ください。ほんとによくわかります。

« ならまちの前衛的鯛焼き屋/正倉院展下見 2009年10月25日(日)曇 ちょっと冷える感じ | トップページ | 東大寺二月堂竹送り(お水取りのお松明に使う竹の奉納)2010年2月16日(火)曇のち雨 霰も降った 寒い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1319/47304307

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良でかろうじて見えた日没前の部分日食 2010年1月15日(金) 寒いが昨日よりはまし:

« ならまちの前衛的鯛焼き屋/正倉院展下見 2009年10月25日(日)曇 ちょっと冷える感じ | トップページ | 東大寺二月堂竹送り(お水取りのお松明に使う竹の奉納)2010年2月16日(火)曇のち雨 霰も降った 寒い! »