« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

まんとくん、商店街のシャッターに登場/「もう慣れた」と「インパクトがある」はどのように共存するか? 2008年6月15日(日)晴→曇→雨 これは梅雨の降り方じゃない

まんとくんが奈良の商店街に出現した。もちいどのセンター街にある、明新社という印刷会社の営業所(旧本社・工場)のシャッターに描かれたのだ。
まんとくんは、いまデザインガイドラインを詰めている最中。ライセンスもまだ準備中。それなのになぜ街に出ているのかというと、これはデザイン決定のためのテストケースという位置付け。
まんとくんの正面図は、画面上とかA4程度のサイズならだいぶ見慣れてきて、これで行けるかなという納得が得られつつあるけど、大きくしたときにどう見えるかは未知数だった。主線がスミでなく茶色なのも、看板サイズに拡大したときそれで大丈夫なのか、結果が読み切れていなかった。そこへ明新社さんから「シャッターに描きたい」という話があったので、渡りに船とばかりに実験してもらったというわけだ。
結果は見ての通りで、デザインの完成度の高さが実証された。すばらしい。
  *
ところで、このシャッターでまんとくんの反対側に描かれている、平城遷都1300年記念事業協会のキャラクター(「せんとくん」)については、肯定的な意見の代表的なものとして「インパクトがある」というのと「もう慣れた」という二つがある。それらを聞くたびに「慣れたらインパクトはないんじゃないか?」と不思議に思っていたのだが、実際に描かれたシャッターを見ていたら、なるほど!と解答がひらめいた。
並べて見ると、格の違いが歴然というか、まんとくんはしっかり“キャラ”してるけど、事業協会のキャラクターは“キャラ”になってない。「何かおかしなもの」だということはわかるけど、それ以上のアピールがない。これはキャラクターデザインとしての品質が低いからで、「そこに描かれる資格がない」という印象。
これまで言われてきた「インパクト」というのは、もしかすると単に「場違いによる異質さ」に過ぎないのではないか。
たとえば映画『デビルマン』は衝撃的だったが、それは、永井豪の名作マンガを原作とし、メジャー会社の意欲作として全国公開された映画が、通常では考えられない低品質の作品だったというミスマッチによる衝撃だ。
事業協会のキャラクターも、それこそビックリマンシールの一アイテムとしてデビューしていれば、誰も怒ったりしなかった。奈良県の予算百億円のイベントのマスコットキャラクターとして大々的に発表されて、新聞の一面に載ったりしなければ、べつにどうということもなかっただろう。
「慣れた」というのは、だから、実はもともとそれほどアピールのない図像なので、「県民に黙って、一千万円超の税金を投入して制作された」という“肩書き”についての驚きが薄れるとともに、図像を見てもどうも思わなくなる、ということなのではないだろうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

新しい奈良のキャラクター「まんとくん」デビュー 2008年6月2日(月)明るいので小雨かと思ったらけっこう本降り

きょう午後、奈良県庁で記者会見を行って、新しい奈良のキャラクター「まんとくん」のお披露目となりました。五階の県政記者クラブは報道陣でぎっしり。

応募総数619点から選ばれた30点の候補のなかで、ウェブ投票で一番人気だったのがこのキャラクター。作者のクロガネジンザさんは、キャラクターやデザインがあちこちで採用されている実力の持ち主。

キャラクターをプロデュースする立場のクリエイターズ会議・大和としては、一般投票の結果を最大限尊重して、ウェブと街頭の一番のどちらかを選ぶという方針でした。個人的にこれが選ばれたらいいなと思う作品は別にあったけど、五万人もの方々の投票によって、よいキャラクターが選ばれて、本当にほっとしました。

「まんとくん」でいちばん気に入ったポイントは、帽子のシェイプ。千何百年前にできた建物の屋根のカーブが、ちょっとかっこいいカウボーイ風の帽子のつばのカーブとして、そのまんま現代に生きているのだ。これは感動的だし、すごく奈良っぽい。鴟尾が角と合体しているところもいい。手足が蹄なのも地味にナイス。
(いま平城宮跡に建ってて近鉄電車から見える朱雀門は想像の産物だけど、実在の奈良時代の建物のデザインを参考にしている)

名前は公募にしませんでしたが、これはよくよく考えてのこと。実は、公募しても結局のところ人気投票は実施できないし、もし公募したとして、何千通、もしかすると何万通も来た候補を分類して整理して……という労力を割くのが難しい。むしろ、名前を付けて、完成された状態でキャラクターをデビューさせて、その今後のプロデュースに注力した方が「皆に広く愛され使われるキャラクターを創造する」というプロジェクトの目的に合致している、という判断もあった。そういうわけで、「まんとくん」は商標登録申請済。きちんと守って、多くの人に安心して使ってもらいたい。
(名称を人気投票で決められないのは、決定前に候補を公表すると、見込みのありそうな名前が勝手に商標登録されて、決めても使えなくなる危険があるから。キャラクター図像だと、商標登録しなくても著作権で守られるので人気投票可能)

さっそく「まんとくん」を使いたいというオファーもあるのですが、使用規定がまだ完成していないので許可が出せない状態。急いで、きちんとしたものを作らねば。できるだけ広く使ってもらえるようにしたい。キャラクターのパターンも、今後クロガネジンザさんと開発していきますので、ご期待ください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »