« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

ダメすぎる奈良新聞のコラム/遷都1300年事業協会に欠けていたもの 2008年5月26日(月)晴 風はあるけど蒸して涼しくない 6時過ぎにすごい夕立

22日の奈良新聞の「デスクメモ」という欄に、なんか違うぞ、と思うことが書いてあったので、その日の夜にこんなFAXを送っておいた。

22日14面「デスクメモ」について

 [クリエイターズ会議・大和]会員の松永洋介と申します。
 「デスクメモ」でオリジナルキャラクター募集の話題を取り上げていただき、ありがとうございました。
 ただ、末尾に、
 少し気になることがあります。インターネットで投票する方はいいのですが、もう一つの「奈良市中心市街地8商店街での街頭投票」はどうでしょうか。
 どうせなら全県の何カ所かに投票会場を設けてはどうですか。奈良市だけのイベントと思われないように。
……とありますが、この表現は、ちょっと認識が異なるなと感じました。
 街頭投票は当初、25日の近鉄奈良駅前での投票のみを予定していました。クリエイターズ会議・大和では、専従職員を豊富に抱える事業協会と違って、すべて手弁当でやっているものですから、それ以上に人手を費やすのは無理だと考えていたのです。
 そこへ商店街の方々から積極的なお申し出があって、ご協力いただけることになり、急遽19日から24日の商店街等での投票を実施することになったのです。実は、事務局では、投票用紙すら用意していません。ポスターの提供のみで、あとはすべて商店街の方々による自主運営です。
 だから、お申し出さえあれば、郡山でも橿原でも十津川であっても、投票を実施していただくことは可能なのです。お申し出があったのが奈良市中心市街地8商店街だったというだけのことです。
 募集イベントそのものは全国的で、北海道から沖縄まで、またパリ、ニューヨークからも作品応募がありました。そういう展開のなかで、せっかく奈良市中心市街地の商店街の方々にご協力いただいたことを「奈良市だけのイベント」という括りで表現されることは、不本意な感じがします。この点、ご理解いただければ幸いです。
FAXには住所も電話もメールも書いておいたが、返事はなく、きょうの朝刊の一面コラムに返答らしきものが書いてあった。
【國原譜】奈良新聞2008年5月26日(月)1面
 開幕を二年後に控えた平城遷都一三〇〇年祭で、デザイナーでつくる「クリエイターズ会議・大和」が独自に公募したマスコットキャラクターの三十作品への人気投票が締め切られた。
 三十一日に最終選考し、来月二日に結果を発表するという。大きなイベントをめぐって盛り上がるのは結構なことで、貴重な一つの話題として尊重したい。決して批判しているわけではないことを、まずことわっておく。
 実は同会議の方からお便りを頂いた。当方が別の欄で、直接投票できる会場が奈良市内の商店街などに限られている点に注文を書いたことへのお返事である。申し出があれば、県内のどこででも投票を実施してもらうことができたと言っておられる。
 説明を頂いて、皆さんの事情は理解できた。だが、それでも直接投票の会場は、奈良市以外に広げてもらいたかった。インターネットがあるにしても、それは大したことではない。「多くの奈良県民が直接、投票する」という行為が大事だと思う。
 二十年前に「なら・シルクロード博」を取材した一人として記憶に残るのは、メーン会場などが奈良市だったために、中南和地域が蚊帳の外になってしまったことだ。その教訓を生かして平城遷都一三〇〇年祭は全県的なイベントにしてほしい。
 このイベントの意義は「はじまりの奈良」を共有することだと考える。それが同会議の皆さんに伝われば幸いだ。全県的な盛り上がりなれば(※原文ママ)、ということで一致するなら何も申し上げることはない。(北)
(北)氏は「何も申し上げることはない」というが、こっちは申し上げることがたくさんある。これは、はっきり批判されるべきコラムだ。デスクがこんな考えしかできなくて、奈良新聞は大丈夫だろうか? 問題の本質が何なのか、全然わかってないじゃないか。

短いコラムなのに突っ込みどころが多い。思いついたことを列記してみる。

  • シルクロード博で「中南和地域が蚊帳の外に」されてしまったという「教訓を生か」さねばならないのは、他の誰でもなくまず奈良県である。にもかかわらず、遷都1300年祭の事業協会(≒県)が、キャラクター選定において“県民すべてを蚊帳の外にした”ことへの批判が完全に欠落している。
  • 「インターネットがあるにしても、それは大したことではない」という断定は、根拠がまったくわからない。ウェブで投じられた4万9千票について、どう考えているのか。
  • 全世界に開かれた話(1300年祭も今回の公募も)なのに、ことさら「県民」を強調する必然性がわからない。また、街頭投票では、奈良県民のみならず、奈良を訪れた多くの旅行者の方々に投票いただいた。これは奈良のイベントにとって重要な要素だが、そのことについての評価がない。
  • クリエイターズ会議・大和は、二十数名の会員は全員ボランティア。予算数万円、活動開始からまだ二ヶ月。それで今回の公募企画を運営している。なぜ、この上さらに、到底実施不可能な展開を要求するのか。
  • 中南和地域への配慮をそこまで求めるのなら、県内各地の奈良新聞社の支局に投票箱を設置するか、販売店にお願いして投票イベントに協力してもらうか、紙面で読者に呼びかけるかすればよかったではないか。奈良新聞社の力をもってすれば実現可能なはずなのに、なぜそれをしなかったのか。
……いろいろあるが、全体の印象として、そもそもイベントを「実施する側」と「享受する側」に分けて考えているのではないか?という感じを受けた。それで話がぜんぜん通じないのかも。この二分法は、県議会で荒井知事が「主催者は県で県民は参加者」(意訳:だから県民は黙ってろ)と言った傲慢さ、怠惰さと通じる。
  *
オリジナルキャラクター公募は、6月2日に採用作品が発表される。事業協会の人に見てほしいのは、どんなキャラクターが採用されたかということよりも、どうやって決めたかというプロセスと理念だ。
今回、奈良の市民には相当なポテンシャルがあることが証明された。事をオープンに進めることで皆が楽しく盛り上がれる、ということもはっきりわかった。事業協会の活動については、これ以上「県民無視」といった批判を受けるようなことがないようにしてもらいたい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

新聞に投書が載った/レジ袋とマイカー/新キャラクターの投票、明日25日まで受付中! 2008年5月24日(土)曇のち雨のち大雨 暑いか寒いかよくわからない

奈良新聞に投書が載りました。というか、3月26日に載っていたのだが、親が死んだ日だったので読んでなかった。突如思い出して見てみたら載っていたのでした。テーマは「温暖化防止」。八つ掲載のうちの一つ。

「温暖化対策は経済性と両立」
 温室効果ガスの排出について、産業部門の割合の小さい奈良県では、家庭部門での削減努力が重要と聞きました。県のストップ温暖化県民会議では、各家庭の削減目標を決めて、達成のためのチェック表を配布しています。
 それを見て驚いたのは、マイカーの影響の大きさです。片道十キロの通勤を週に二回公共交通にするだけで、年間削減目標が達成できてしまうのです。節電やレジ袋削減など、その他の努力を一切しなくてもです。
 都市部の道路資源の有効利用という観点からも、マイカー使用は大変な浪費だそうです。マイカーを減らせるならば、バスを無料にしてもコストが合うという試算すらあります。
 県がリーダーシップを発揮して、マイカーなしでも暮らせる街を造つくることができれば、温暖化防止と道路の高度利用との一石二鳥です。公共交通と自転車利用の徹底的な拡大こそが、経済的にも環境対策としても、県がとることのできる最良の選択だと思います。
  *
この四月から富山県ではスーパーなどの無料レジ袋を原則全廃したそうだ。けっこう浸透しているとのこと。先日見たNHKニュースで、その理由を解説していた。曰く、多くの人が「マイバスケット」を持ってくるのだそうだ。それが可能なのは、マイカーの普及率が高いから。なんじゃそりゃ。
マイカーで買い物に出かけるとどうなるか。リッター10kmで走るとして、1km先まで買い物に行ったら、200cc使うのか。けっこう使うなあ。レジ袋はというと、いま台所にあったのをいくつか量ってみたら、1枚6gから9gだった。
製造時の環境コストがどうかとかいろいろあるけど、ざっと考えて、1回の買い物で放出されるCO2は、レジ袋よりも、マイカー使用によるものの方が大きい。レジ袋は、ゴミ袋としてリユースされることも多い。クルマから放出されたガスは再利用のしようもなく大気中にばらまかれる。走行距離も、実際には2kmではすまないだろう。クルマの製造・廃棄コストは別にかかる。
減らすことでより効果が高いのは、レジ袋じゃなくてマイカーの方だ。そして、マイバスケットの利用が“エコでいいこと”として定着しちゃったら、マイカーで買い物に行くという悪習を変えにくくなるんじゃないか?
「地球環境に配慮する心のある私はマイバスケットを持ってマイカーで買い物に」などというライフスタイルが「いいこと」だと思ってもらったら困る。エコを志向する善意が「レジ袋削減」で満足してしまうのだとしたら、それは“善意の浪費”だ。
  *
奈良の新しいキャラクターの募集は、600作品以上の応募があった。そこから選ばれた30の候補について、いま広く投票を受付中。明日は近鉄奈良駅前で街頭投票イベントを実施します。ウェブ投票も明日まで。
これまで、ウェブで4万7千以上の投票があった。本当に驚くべき数字だ。きょうまで奈良市中心市街地の商店街などで実施した街頭投票も、かなり反響があったらしい。さて、どんな結果になってくるのか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

奈良の「フリー・チベット」デモに参加 2008年5月10日(土)雨 寒い!


胡錦濤国家主席が来日最終日に奈良を訪れたのに合わせて行われた、チベット問題をアピールするデモに参加してきました。午後3時半から30分間、JR奈良から猿沢池のほとり、五十二段下まで1kmちょっとの行進。スタッフの人によると参加者は300人ぐらいとのこと。
皆で言っていたコール内容はこんなのでした。(⇒MP3形式/約50秒

歩きながら、やっぱりデモは苦手だなあと思ったけど、参加できてよかった。関係者のみなさまありがとうございました。

その他、詳しいレポートは寮美千子の日記をご覧ください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

奈良の新しいキャラクターを募集中(5月15日〆切)/「新しく、楽しく、愛する奈良と平城京1300年」 2008年5月8日(木)晴 風はあるが汗ばむ気温

再来年の2010年に奈良で開催される予定だけど具体的に何をするかは未定のイベント「平城遷都1300年祭」のためにつくられたマスコットキャラクターがひどい出来だったので、発表の翌日にイベントの事務局に白紙撤回の要望書を出して、その後も白紙撤回を求める署名集めなどをしてきました。
いま、その公式キャラクターとは全然独立の、新しい奈良のキャラクターをつくる活動に参加しています。「クリエイターズ会議・大和」というグループ。キャラクターを公募して、みんなで決めていこうという方針で、ただいま作品募集中。テーマは「新しく、楽しく、愛する奈良と平城京1300年」。オープンに進めている点が評価されたのか、奈良市中心市街地の8つの商店街も応援してくれています。
5月15日必着なので、締切りまではあと一週間。わしは募集する側の人なので応募できませんが、そのぶん責任を持って選びます。採用作品の作者には5万円以上の賞金も出るし、そのキャラクターを使ったグッズが販売されるようになればさらにリターンがあります(たぶん。契約次第)。採用作品は一点のみですが、一次選考を通過した数十点は世間一般に公表されるので、最終的に選外になっても、どこかから「使わせてほしい」という声がかかるかも? 腕におぼえのある方もない方もぜひ、奈良への思いを図像に込めてお送りください。
応募の詳細は「クリエイターズ会議・大和」のホームページにあります。
http://creators-yamato.net/
(mixiにもコミュニティがあります。「奈良の独自キャラクター一般公募」

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »