« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

「平城遷都1300年祭」仕切り直し/マスコットについての要望書を書いた 2008年2月13日(水)寒い 昨夜の雪で路面が凍結していた 日中も突然吹雪いたりした 冷たい雪雲が生駒山を乗り越えてくるのが見えた

Mascot03けさの新聞に、再来年開催のイベント「平城遷都1300年祭」の出直しプランが載っていた。
産経の記事朝日の記事

これまで、総事業費は350億円!来場者500万人!とか、かなり妄想的だった数字が大幅に縮小された。それでも、実際のところ何をするかは全然固まってないのに予算だけ決まるのも妙な感じだし、ここ何年も「100億円集める」と言っていた民間資金は現在までの実績がゼロ円とか、かなりマズい感じはするが、それはそれとして。

驚いたのはマスコットキャラクターだ。今回、突然のお披露目となったのだが、これが想像を絶する出来映え。なぜ公募しない? なぜこれに500万円もかかる? 悪い冗談はやめてくれ。

ショックで悲しく、あんまり頭に来たので、こういう文書を書いて事業協会にFAXした。

平成20年2月13日
平城遷都1300年記念事業協会会長 秋山喜久 殿
     チーフプロデューサー 福井昌平 殿
松永洋介    
奈良市****
要望書
~平城遷都1300年祭のマスコットキャラクターについて~

 2月13日の新聞報道で、新しい計画骨子と、マスコットキャラクターを知りました。
 発表されたキャラクターは、贔屓目に見ても魅力的でなく、実際の使用にも適さないものです。たとえば中に人間が入って演技する「着ぐるみ」も、このデザインでは、不気味なものにならざるを得ず、マスコットとしての役割を全うできません。

 荒井知事は「専門性のある人の方がよい」「これで良かったと思う」と述べておられますが、籔内氏はキャラクターデザインの専門家でも、コミュニケーションデザインの専門家でもありません。そして最も重要なことは、1300年祭に来場してくださる数百万人、1300年祭を機に奈良に興味を持ってくださる何千万人が見てどう感じるか、その方々にどんなアピールができるかです。知事がどう思うかではありません。
 昨年大成功を収めた「国宝彦根城築城400年祭」のキャラクター「ひこにゃん」は、多くの人のハートを射止めました。一目見ただけで「かわいい!」「会いたい!」「グッズが欲しい!」という気持ちを起こさせ、一大旋風を巻き起こしたのです。
 しかし、今回発表のキャラクターが呼び起こすのは、「困惑」「失笑」そして「行きたくない」という気持ちです。これは、1300年祭にとって致命的な痛手です。

 専門家でない人物にキャラクター作成を依頼してしまった協会の責任は重大ですが、幸い、知事は「キャラクターの部分的な変更などは一切考えていない」とのことなので、ここは全面的に白紙に戻し、あらためて公募するのが最上の策です。
 キャラクターの図像を公募し、集まった作品から一次候補を選出。ホームページやチラシを通じて、多くの方に投票してもらいます。得点上位の作品を最終候補として、最も愛される図像を選定するのです。図像が決定したら、続いて愛称を公募します。
 兵庫の「はばタン」や彦根の「ひこにゃん」の大成功で、イベントキャラクターの魅力に注目が集まっている今、キャラクターの公募自体が、1300年祭を強力にアピールする事前イベントとなります。公募と投票によって、多くの方が1300年祭を我がことと思ってくださり、積極的な関心を持っていただけるのです。
 選定されたキャラクターがブームにでもなれば、1300年祭は半ば成功したも同然です。

 平城遷都1300年祭のマスコットキャラクターは、今回発表のものを白紙に戻し、あらためて公募するよう、強く要望します。

以 上

本当にひどい。奈良の恥だ。恐ろしいことだ。
  *
14日追記:
協会サイトのご意見フォームからも送っておきました。みなさまもどうぞ。
http://www.1300.jp/1300_2.html
この「要望書」は自由にコピペ・改変してご利用ください。
  *
ひこにゃんのところには、きょう何十個もチョコレートが届いたそうです。

| コメント (11) | トラックバック (4)

ならまちの雪景色 2008年2月9日(土)朝から夕方まで雪

20080209_snow
20080209_bus
朝方から雪が降りはじめて、風景はみるみるうちに真っ白に。
雪は強くなったり弱くなったり、大きくなったり小さくなったりしながら、夕方まで降り続けた。

写真は雪のならまち。階上と地上から、ほぼ同じ方角。
左下はならまち振興館の建物と庭。真ん中へんの煙突は銭湯。右手の奥にかすかに奈良ホテルが見える。
興福寺の五重塔は雪で見えない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »