« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

正倉院展観覧/貸し切り状態だった! 2007年10月29日(月)晴

正倉院展へ。意外に空いていることもあるお昼過ぎを狙って行ってみた。
十二時過ぎに到着、行列がないようだったので、しめしめと自転車を停めた。しかしよく見るとやはり人が並んでいた(建物の陰でよく見えなかった)。入口までの待ち時間10分と表示されていたが、それはつまり中にぎっしり人が滞留しているということだ。入れたからといって快適に観覧できるとは思えないので、撤退。夕方に出直すことに。

夕方、四時過ぎに到着するつもりが、数日前から水道の水が急にまずくなった件を管理人さんに報告していたら時間を食ってしまい、四時半ちょっと前に到着。博物館の前には、閉館一時間半前からの割引入場券に並んでいる人たちがいた。といっても数十人だ。入場待ちの行列はなかった。
四時半になるのを待っている人たちを尻目に、友の会カードで入場。かなり空いている。入ってすぐの屏風(羊も猿もかわいい!)を見ているうちに、うしろからどんどん人が入ってきた。そこで最初の方の展示は飛ばして、空いている方へと進んで、めぼしい物からじっくり見ていった。

目玉品の香炉は、なるほど凄かった。木工の土台に、鋳造や象嵌といった金属による装飾だけでなく、水晶などの玉の類、錦や組紐も使われている。これは一人で作るわけにいかない。職人以外にプロデューサーがいたのかもしれない。

「刻彫梧桐金銀絵花形合子」(蓋だけのものと身だけのものがある)の蓋はかなりよかった。立体的なデザインで、これをかっこよく収めるのはなかなか難しい。
正倉院の宝物によくあることだが、写真で見た印象よりも小さく感じた。ディテールの密度が濃く、フォルムの美しさがサイズに依存していないということかもしれない。

現物性に特に力があったのが、布関係。作業着の類は、当時の人の身体と直結しているということもあり、なかなか味わい深かった。

ひととおり見ると、五時過ぎになっていた。展示の最初に戻ってみると、なんと、ガラガラといっていいほど空いている! ほぼ貸し切り状態で、気になるものを、好きな角度から、好きなだけ見ることができた。やった!
ということで「墨絵弾弓」なんかを好き放題に見る。展示もぎりぎりガラスの手前に寄せてあって、なかなか親切だ。これも現物は小さくて細かい! そして面取りの角度が意外に深く、写真を撮るのは苦労しそうだ。
しかし拡大写真のパネルも掲げてあったのだが、これがどうにも質感が劣る。現物の表面には確かに美があるのに、写真には美が映らず、図柄しか伝わっていない。これは必ず生じるギャップとはいえ、それにしても、もっとよく撮れててもよさそうな気もする。
  *
最後の三十分は、本当にガラガラだった。大混雑で悪名高い正倉院展とは思えない。「月曜」の「夕方」なら空いてるかも、という狙いは正しかったかも。
図録を見てからの観覧は、こんなものが!という驚きは少なかったけど、疲労感も驚くほどなかった。ふだん博物館や美術館へ行くと、人込みの程度とは関係なく、一所懸命に展示を見る行為によって、一時間もしないうちにへとへとになってくる。それが今回、かなりよく見た気がするのに、全体像がわかっていたせいか、頭はあんまり疲れなかった。足はさすがに疲れたが。図録で予習していく作戦は正解だったかもしれない。

博物館を出ると真っ暗だった。いやー、見た見た。

| コメント (0) | トラックバック (0)

正倉院展目録購入/いつ行けば空いているか? 2007年10月27日(土)雨のち曇 夕方には日が差した

第59回正倉院展初日。
今年は、行く前にまず図録を買うことにした。よく見るつもりで行っても、思わぬ重要ディテールを見逃してしまうこともある。あとで図録を見て「えーあそこにこんな絵が描いてあったの」と思っても、じゃあそのためにもう一度行くかというとなかなかそうもいかなかったりする。だったらどうせ近所に住んでるんだし、図録で予習してから見に行った方が得だ。「友の会」に入っていると図録も割引になる。

正倉院展の図録については一つ疑問があって、こんど行ったら訊いてみたいと思っているのだが、正倉院の「開封の儀」は正倉院展の直前だ。展示品を出してから写真を撮ったのでは絶対に図録の制作に間に合わない。だいたいアリモノの写真で作っているのだろうが、そればっかりでは新しい写真が増えない。だから推測としては、開封の儀のときには翌年の展示品がもう決っていて、それでボチボチ新撮分を作っているのかな、ということになるが、実際はどうなのかな。今回の図録でもカラーと白黒が混在していた。

20071027_museum
夕方に雨が上がったので、自転車で図録を買いに行った。五時までにと思って急いで行ったのだが、着いてみると全然余裕で開いている。見ると、そもそも会期中は夕方六時までの開館。しかも、金曜と土曜は七時までやっているとのこと。
正倉院展は、いつ行けば空いているのか。協賛企画の「はじまりは正倉院展」スタンプラリーの冊子(よくできているので奈良県観光連盟の季刊ガイドブックとともに必ずゲットされたい)には「混雑を避けるには、平日夕方の来館がお薦めです」とある。これは、閉館一時間半前になると割引チケットが発売されるのを見てもわかる(通常当日1000円、前売900円のところ700円で入れる)。あまりの混雑に、少しでもお客を分散させようという努力が感じられる。
朝は、混んでいる。気合の入った人が多いのかもしれない。夜行バスで奈良に到着した人がそのまま並んでいたりもするらしい。一方、お昼になると、団体の人たちの食事タイムなのか、意外にスムーズに見られたりもする。
日程的には、会期の後半、後になればなるほど混むという話は聞く。
うちは月曜に見ようかと思っている。じつは正倉院展は17日間の会期中無休で、月曜も開いている。10月29日と11月5日、そして最終日の12日が月曜だ。どうだろう。

今回のチラシに写っているのは、美しい文様の毛氈と、超豪華な香炉。そして太鼓を叩く人とジャグリングをしている人のイラスト。特にイラストは何だろうと思っていたのだが、買ってきた図録をめくっていたら「うおっ」と声が出てしまった。そのイラストのクローズアップ写真が大きく掲載されている。これは、玉を撃つための弓「墨絵弾弓(すみえのだんきゅう)」に書いてある絵だったのだ。芸能の人が実にいきいきと描かれている。人数も半端でない。これは面白い。かなり小さいだろうから、ギャラリースコープ必須だ(うちでは常時ケンコーの「リアルスコープ」を持ち歩いている)。

なお、正倉院展期間中は、校倉造のいわゆる「正倉院」の建物も、無休で、午後四時まで公開中。ふだんは平日のみ三時までの公開なので、大サービス。博物館からはちょっと距離があるけど、来られた方はぜひ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車の駆動系をリニューアル  2007年10月22日(月) 朝晩は冷える

20071022_shimano
埋蔵文化財調査センターでの仕事を終えて、郡山のキタサイクルへ。自転車の部品を交換してもらうのだ。
いまの自転車は1999年から乗っていて、これまで一度もチェーン交換をしなかった。そしたらここ数日、ペダルを強く踏み込んだとき、ガチャチャン!と歯が飛ぶようになってしまったのだ。あきらかに摩耗しすぎ。サイクルコンピュータ(速度/距離計)の累積走行距離は7560km、取付け以前にもたぶん五百キロぐらい走ってるから、まあ八千キロといったところか。もっと早く交換するとよいのだが、なんとなくタイミングを逸してきた。しかしいよいよ歯が飛ぶようになると、もし路上で危険回避のために踏み込んだとたんガチャンと力が抜けたりしたら命にもかかわるので、さっさと交換することにした。
一週間前に調べてもらったところ、チェーンだけでなく、フロントとリアのギヤもかなり摩滅している。交換するには、もとのギヤ(3段×7段変速)の相当品で単に新しくするか、あるいは現在主流の3段×8段もしくは9段に変えるという選択もある。変速の階調が細かくなると、足にちょうどいい強さが選べるようになる(ギヤ比の最大/最小はさして変らない)。どうしようかなと思ったが、その場合はホイールも、変速機まわりもすべて交換になって、安いグレードの部品を使っても四万円からかかるという。検討の結果、今回は従来仕様のまま新しくしてもらうことにした。ギヤがクランクとカシメてある(取り外せない)タイプだったのでクランクも交換、それに伴ってBB(ボトム・ブラケット:クランクの軸)も交換。ペダルも、今までのは裏表あるタイプで煩わしかったので、この機会に両面タイプを新調することに。変速機は交換なし。
部品が入荷したと連絡があったので店に行き、最初は預けて帰ろうかと思ったが、一時間でできるとのことなので、そのまま作業してもらった。部品代(チェーン、前後ギヤ、クランク、BB、ペダル)と工賃で一万二千円。バッチリ調整までしてもらってこれは安い。
できあがって乗ってみたら、ダイレクト感が全然違う! 踏んだ分がすべて動力になる感じ。以前の部品は、摩耗して、かなり遊びがあったのだなあ。変速も思うようにスコンスコンと入って、たいへん具合がよい。
自転車はキャノンデール製「F300」の99年モデル。相模大野のちばサイクルで買ったのだが、なんだか、最初に乗ったときより調子がいい感じがする。部品がよくなったせいか、もしかしたら腕も違うのか? いずれにせよ、まだまだ乗れそう。
帰りはJRの駅からまっすぐ東進して、帯解から上つ道を北上。快適だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »