« 2005年11月 | トップページ | 2006年6月 »

奈良基地祭/大仏殿の風鐸 2006年5月20日(土)曇時々雨のち晴 風強し

航空自衛隊奈良基地の基地祭。開設50周年とのこと。
奈良基地の正門はウワナベとコナベ、二つの古墳に挟まれたところにある。いくら奈良といっても、ちょっと異様な立地ではある。
本日、天候不順でブルーインパルスの飛行はキャンセル。その穴を埋めたのは「ブルーインパルスJr」だった。これは改造スクーターで6機編隊を組み、ブルーインパルスを模した展示飛行(走行)をするという、航空自衛隊のクラブ・チームだ。改造スクーターといっても、その造形が半端でない。「たまごヒコーキ」かチョロQかと思うような、かわいい、徹底した仕上がり。デモ手順も機体の点検から始まる厳密さ。アナウンスも真面目でたいへんおかしい。「カーブではなんと1.1Gもの重力がかかっています!」。ブルーインパルスの展示飛行と比べて聞きたかった。
新鮮な驚きは、ほとんど速度の出ていない展示飛行(走行)でも、隊形が整っているだけで「おおっ」と思えることだった。われわれ人間は「一糸乱れぬ行進」とかを見ると、なぜか気持ちよくなったり感動したりする生き物らしいが、これはいったいどういう機序によるものであろうか。自然状態で獲得した好みではないような気がするのだが。

装備品の展示。

対空機関砲VADS。射程1.2kmのバルカン砲で、最大で一分間3000発の発射速度を誇る。ただし装弾数は500発である。住友重工製。


91式地対空ミサイル(の練習用の模型)。米軍制式のスティンガー・ミサイルの後継モデル。東芝製。

これらを見て思ったのは、高校の続きのつもりで大学なんか入って、三回生になったら「就活」とか始めて、さて一流企業の住友重工に入りました、東芝に入りましたという人が「きみ自衛隊装備品部門ね」とか配属されたら、どんな気分だろうかということだった。普通、自宅で使っているDVDレコーダーのメーカーが殺人機械も製造しているとは想像していないだろう。機械メーカーに入ったつもりが兵器の製造を言い渡されて、「命令だから」という理由でそれに従事してしまうのは、サリンの製造を言い渡されたオウム信者とどこが違うだろう。

天候が回復したので、岐阜基地からの戦闘機の展示飛行は実施。F-2、F-4、F-15が飛来。合計四回のパスを行った。相模大野近辺の米軍機と比べたら、はるか遠くを飛んでいて、音も静かだった。厚木基地の航空祭と比べたら一万分の一ぐらいの迫力か。それでもみんな興奮していた。奈良の人はジェット戦闘機の飛行をほとんど見たことがないとのこと。すばらしい。これからもジェット戦闘機の騒音に慣れないことを祈ります。
  *
基地祭のあと、ウワナベ古墳の反対側を走る国道24号線で木津方面へ進出してみた。木津の旧市街はかなりいい感じ。こんど本格的に探検しよう。
木津から、適当に見当を付けて細い山道の急な坂を登る。突然開けたと思ったら野球場(緑ヶ丘球場)があった。そして緑ヶ丘浄水場。こういうところから水が来てるのか。知らなかった。急な坂を下ると般若寺のところに出た。

東大寺へ。大仏殿の裏へ行くと、鐘の音が。誰かがお参りしている音かと思ったら、違った。風が強いので、巨大な風鐸ふうたくガゴンガゴンと鳴っているのだった。風鐸は、お寺とかの軒下の四隅にぶら下がっている巨大風鈴だが、鳴っているところは初めて見た。感激。よく見ると、北東の角の風鐸は風招ふうしょうが欠けている。破片の落ちてきた瞬間を想像すると恐ろしくなった。いつから欠けてるんだ?

| コメント (0) | トラックバック (0)

空港のセキュリティとか 2006年5月19日(金)晴のち曇時々雨

きのうの日記に書いた羽田空港のセキュリティについての補足。

自転車を預けるときには「壊れても文句言いません」という紙に署名しなければならない。中身をよく読まずに署名した。よく読まなかったのは航空会社の係員も同じで、たいへん忙しそうにしていて、ちゃんと署名したかどうか確認するようすがなかった。なので、チケットに印字された名前と署名した名前が異なっていることに気付かなかった。
それから、
というわけで無事に飛行機に乗ったのだが、チケットに書いてある名前を指して「これはあんたか?」と本人確認をする人は、誰ひとりいなかった。いいのかな。チケットには性別が「F」って印字されてるんだけど。
いろいろセキュリティ対策はしてあることになっているが、「偽名で乗る人」に対しては何のチェックもないようだ。

かばんに入れてあったアルコール(持込み禁止の可燃性液体)は、飛行機が上昇したとき、たぶん気圧の関係で容器から染み出しちゃって匂いがしたので、自分で持っていたことに気がついた。まあ、国際線と違ってライターも持ち込めるわけだし(なぜ?)、矛盾や不備を指摘しだしたらきりがない。その気なら、いくらでも何でもできそうだ。
十年前には、ねじ回し一本でハイジャックに成功した函館空港の事件の人もいたけど、それがねじ回し以外の何かで不可能な理由は何もない。
そのような状況のなかで、「やる気の人」がほとんど存在しない理由をこそ考えるべきではないか。
  *
きょうは大雨が降る降るといわれていたが、それほど降らなかった。唐招提寺の「うちわまき」も予定通り行われたらしい。
予定されていたブルーインパルスの飛行訓練は行われなかった。反響が大きかったのでやめたのかも。厚木の飛行機も、苦情の電話で訓練をやめてくれると助かるんだけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

爆音報道/飛行機からの眺め 2006年5月18日(木)晴時々曇

爆音の件は新聞報道がありました。

自衛隊機騒音:奈良で苦情多数 上空で3機が飛行繰り返す/奈良
 17日午前11時15分ごろ、奈良市の上空で航空自衛隊の戦闘機が飛行を繰り返し、ごう音が鳴り響いたため、市民から航空自衛隊奈良基地(同市法華寺町)や県警、同市役所などに問い合わせや苦情が約60件も寄せられた。戦闘機は、20日に同基地が開催する「開設50周年記念基地祭」に合わせ経路確認などのために飛行していた。
 同基地の航空自衛隊幹部候補生学校総務課によると、17日午前11時15分ごろから約15分間、F-2戦闘機など3機が上空を飛行した。基地のそばに住む男性(73)は「耳が張り裂けるような音だった。近くにいたハトが一斉に逃げて行ったほどだ」と驚いていた。同課は「国土交通省の許可を得て奈良市などには事前連絡したが、住民の方に情報が伝わらず、迷惑をおかけして申し訳ない」と話した。
 同基地では、19日午後3時からも経路確認の飛行を予定している。【花沢茂人、高瀬浩平】
毎日新聞 2006年5月18日
あの音には、びっくりして怒るのが正常な反応だと思う。
相模大野の爆音はもっと音量が大きく、ずっと長い時間鳴り響いている。米軍基地のあるところはどこもそうだろうけど。
あの騒音轟音爆音は、どんな理由をつけようと、間違った環境だ。
  *
月曜に奈良へ戻るとき、珍しく飛行機を利用した。知人にチケットを譲ってもらったのだ。
羽田空港のセキュリティは厳重だった。ふだん出かけるときのようにペットボトルに入れたお茶を持っていたのだが、ゲートで「液体はすべて検査します」とのこと。お茶をボトル内液体物検査装置に置いて、内容物が爆発物でないか確認! 数秒後には、うちで入れた烏龍茶は爆発物でないことが確認された。パソコンも安全。いつもかばんに入れているスイス・アーミー・ナイフは、自転車のパッケージに移してあったので問題なし。
しかしそういえば、かばんの中には手先の殺菌用に持ち歩いてるエチルアルコール入りのアトマイザーがあったけど、何も言われなかったな。いいのかな。

ところで、四月の末に奈良から夜行バスで移動したときは、自転車はヤマト便で送った。夜行バスは、大きな荷物は載せてくれないのだ。送料は二千円ちょっとだった。
国内線の飛行機だと、自転車は輪行袋に入れて貨物室に預けることができる(空港行きのバスももちろん載せてくれる)。預ける荷物は基本重量が15kgまでで、それ以上は超過料金が設定されている。でも自転車はなぜか計算外なのだ。前に熊本へ行って博多から戻ったときもそうだったし、沖縄往復もタダだった。今回の自転車のパッケージは18kgだったけど、やっぱり計算から除外された。よくわからんが、ありがたい。
自転車を預けるときには「壊れても文句言いません」という紙に署名しなければならない。中身をよく読まずに署名した。よく読まなかったのは航空会社の係員も同じで、たいへん忙しそうにしていて、ちゃんと署名したかどうか確認するようすがなかった。
搭乗ゲートには、警視庁空港警察の警察官が腰に拳銃をぶら下げて立っていた。何かあったら撃つつもりなのか? 試しに突然叫んでみる?(あぶない!)
というわけで無事に飛行機に乗ったのだが、チケットに書いてある名前を指して「これはあんたか?」と本人確認をする人は、誰ひとりいなかった。いいのかな。

ANAの777は、各社の出発便と数珠繋ぎになって滑走路へ向かい、五機とか順番待ちをしたあと離陸。房総上空で旋回、下は田んぼとゴルフ場ばっかりだ! 富津岬だ! 三浦半島だ! 衛星写真で見るような地形が、ものすごい速さで流れていく。新幹線ともクルマともぜんぜん違う感覚。河口の近くにお城……安倍川と駿府城址か! 長い海岸線、渥美半島だ! 伊勢だ! 鈴鹿峠だ! 生駒山だ! 大阪城だ! とか興奮しているうちに到着。面白かった。

空から見ると、世界はだいぶ違って見える。キティホーク艦載機のパイロットたちは、ジャップのうじゃうじゃ住むゴミゴミした街を、いつもこうやって睥睨しているのだろうか。それ以前に、人間が住んでいることを意識しているだろうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

引越し準備/爆音即電話 2006年5月17日(水)雨

奈良への完全引っ越しの準備のため、五月前半は相模大野にいた。奈良へ持って行く本と売る本、保存する紙と捨てる紙とをテッテ的に分別して、箱詰めしてファイルして、それから機械類も要るものと捨てるものと売るものに分けて、けっこう片付いたが、まだ片付かない。
本を売るのは基本的にグリム書房におまかせ。機械類でこれ売れるかな、と思うようなものが出てくると、とりあえずYahoo!オークションを見る。いろいろあるが、64DDなんかは元値をかなり上回る価格で落札されているようだ。うちの64DDは元箱もソフトも付属品もあるし、幻の「巨人のド新聞」も揃っている。落ち着いたら売ろう。ほかにもゲテモノがいくつかあるのを処分するつもり。ただ、レアすぎると逆に誰も知らなくて値がつきそうにないのが残念かも。

相模大野と奈良の住環境で、決定的に違うのは爆音の有無だ。相模大野は、厚木基地を飛び立った軍用機が上昇していくポイントの直下なのだ。三年前からエンジン出力強化型のF/A-18スーパーホーネット(横須賀の米海軍空母キティホークの艦載機)が配備されてますますうるさくなった。奈良に住んでみると、爆音が聞こえない。よく考えるまでもない明らかな違いに思えるが、相模大野にいるときは、あまりのストレスから「ないこと」にしがちなので、よく考えないと、このことに気付かない。
ところがきょうの午前中、奈良でも軍用機の爆音が聞こえたのだ。まさかと思って空を見ると、やっぱりそのようなものが旋回している。
相模大野では、爆音に対抗する手段は「市役所への電話」である。夜中でも朝でも構わない。爆音が聞こえたら即刻市役所に電話をかけるのだ。受ける方も慣れたもので、「軍用機の爆音がうるさいので抗議の電話です」「お住まいの地区は?」「相模大野×丁目です」「ありがとうございました」と実にスムーズ。電話の件数は爆音被害として公式の統計にカウントされて、それがほとんど唯一の現実的な圧力として機能する。
そういう習慣があるので、とりあえず奈良市役所に電話してみた。地域ナントカ課?に回されて「戦闘機の爆音が聞こえるんですけど」と言うと、「20日に航空自衛隊の基地祭があって、その展示飛行の練習の予定が入ってますね」とのこと。あっ、そう。
奈良には航空自衛隊の幹部候補生学校がある。今年は開設50周年の基地祭で、ブルーインパルスが祝賀飛行をするのだそうだ(10:10~、11:30~、14:00~)。落ちないといいなー。

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年6月 »